洋服 着ない 断捨離

洋服がどんどんたまってしまい、どんなタイミングで処分をしたら良いのかがわからない方って意外に多いのです。

 

そこでどんな基準で断捨離の判断をすればよいのか?
5つのポイントに絞って簡単な判断基準を紹介したいと思います。
※最終的にはご自身の判断で行ってくださいね。

 

1シーズン着ない服は処分する

シーズンを通して、一度も着なかった服はその後出番はほとんどありません。
この基準で判断することで、最も簡単に洋服を断捨離することができます。1シーズン着ないということは、次の出番には購入後2シーズン以上経過しているということです。

 

過去を振り返ってみてください。
前のシーズンに出番がない服をその後どれだけ着たか?思い出したようにピンポイントでコーデに登場することはあっても、メインアイテムとして使ったことはないと思います。

似たような服は処分する

クローゼットをよく見てみると、似たようなデザインやカラーの服がありませんか?

人それぞれ好みがありますので、これは仕方がないことなのですが、他人から見たら同じに見えるなんてこともよくあります。

 

洋服の傷みを抑えるという意味では、似たような服は意味がありますが、それが断捨離の際には邪魔になるのです。
クローゼットがいっぱいになってきたら、じっくり見てみてください。 きっと着ないなと思う服が埋もれているはずです。

ときめかない服は処分する

誰でも最初からときめかない服を買うことはないと思いますが、買ったときと家に帰って冷静に見てみたときに違和感を覚えてそのままタンスの肥やし状態でクローゼットに眠っている服があります。

 

ときめかない瞬間に残念ながら、もう着ない服の仲間入りなのです。
クローゼットで眠らせるよりは、新しいときめく服に場所を譲ってもらいましょう。残っているから、気になるのです。であればときめかない服は処分をしてしまった方が様々な面でスッキリしますよ。

着れない服、履けない靴は処分する

これは一番わかりやすいかもしれませんね。

サイズが合わないものは、今すぐに着ることはできません。もちろんダイエットをすれば、話は別ですがすぐにそこまで痩せられるのでしょうか?

 

それに痩せたときに好みが変わっているなんてこともよくある話です。であれば着れない=もう合わない服だと思って処分されるのが良いと思います。

1枚買ったら、1枚処分する

これは完全にルール化してしまえば良いのです。
1枚買えば、1枚処分する。買うアイテムを今まで以上に慎重にも選ぶようになりますし、モノは増えていきませんので、どんどん新しいアイテムに入れ替わっていきます。

 

ただ多くの人は、もったいないと考えてつい増やしてしまいますので、完全にルール化していくことが大切です。

 

着ない洋服を判断する基準はどれも簡単なものばかりですが、問題になるのは、ちゃんとルール化して実行できるのか?というところです。

 

何も考えなければ増え続けて、いずれゴミとして処分しなければならないこともあります。その前に定期的に賢いクローゼットの入れ替えを行っていくことが大切なポイントです。